駈込み訴え

b0219215_16555448.jpg



2年ぶりに太宰治作「駈込み訴え」を上演します。2年前は4カ所で公演し、賞も頂いた僕にとって大きな作品です。
この作品はキリストを裏切ったユダの言葉で書かれています。ユダのキリストに対する尊敬や憧れ、妬み恨み、感謝と怒り、憎しみなどあらゆるものがないまぜになってでてくる言葉達は、普段は見えない人間の裏側を垣間見せてくれます。


今回はミュージシャンで俳優でもある小木戸利光さんと新たにこのユダに挑みます。
小木戸さんの透き通ったエネルギーの力と2年間で更に鍛えられた僕の身体を通して、2年前には見られなかった景色が見えてきそうな予感です。


お忙しい中だとは思いますが、お時間作って是非お越し下さい。
この公演が終わりましたら、2カ月ヨーロッパに行って参ります。その前に皆様にお会いできるのを楽しみにしております。






文学とパフォーマンス
第1回 太宰治 「駈込み訴え」

「愛ゆえに愛がわからない僕の律動」


ユダはキリストを愛している。しかしその愛によって苦しんでいる。愛することで愛を見失っている。

ユダの愛はどこへ向かうのか。


出演 小木戸利光 立本夏山

原作 太宰治 「駈込み訴え」


4/30(土)15:30/19:30 開演
※会場は開演の30分前

チケット:前売り¥3,000(1drink付き)/当日¥3,500

会場:綜合藝術茶房 喫茶茶会記
〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F


展示「走り火」4/24(日)-4/30(土)
15:00-24:00
場所:綜合藝術茶房 喫茶茶会記


チケットのお申し込みはこちらまで
Kazan office.
03-6453-9333
mail@kazan-office.com
[PR]
by yuichiro_tachi | 2016-04-06 17:12
<< Angélica Liddell 谷川俊太郎トリビュートライブ「俊読」 >>