カテゴリ:未分類( 15 )

自由に生きる


人間は一人では生きてゆけないものですが、かといって他人と共に生きるということもとても難しいことです。他人が何を考え、何を感じて生きているのかを知るにはとても時間と体力がいります。しかも自分が生きている間に関わる人は数えられないくらい沢山いるのですから、一人一人そんな事をしだしたら人生が何回あっても足りません。


でも自分の事だけ考えて生きている訳にはいかない世の中ですから、取り敢えず周りの空気だけは読むようにします。空気を読んでいれば一応その場の雰囲気を悪くすることはありませんから、それなりに上手くやっていけます。


これがちょっとおかしくしてしまうじゃないかと思います。空気は読んでいても、結局それは空気で、他人ではありません。人間ではなく、空気を相手にしている訳ですからつかみどころが無くなってしまいます。そしたら余計に他人が見えなくなってしまって、自分自身さえもよくわからなくなって、自分がどう生きたらいいのか分からなくなってしまう。


自由に生きる。それは自分の生きる道を、自然に、自在に、直感的に、何かに導かれるように飛んでいく様なイメージです。


そういう状態に至るには、自分はどうだとか他人はどうだとかそんな括りではなくて、「人間はなんだ」という事に迫らなくては見えてこないんじゃないかと思います。


「人間はなんだ」に迫るにはどうしたらいいのか。それは自分とか他人、または過去と未来、善と悪、美しいとか汚いとか、あらゆる境界を飛び越えてそこに生きている自分(人間)を見つめる必要があると思います。そこから人間が見えてくれば、もっと自由に生きられるはずです。


そして僕たちは、その掴み取った感覚をなんとか形にして見える様にするのが仕事なのではないかと思います。


今、小池博史さんの作品の稽古をしながらそんな事を考えています。題名は「世界会議」。世界各国の偉人、賢人、狂人、独裁者たちが、あの世とこの世の境界で右往左往しながら語り合います。言葉は勿論、音楽、身体、それらを飛び越えた多様なイメージが交錯してどこに向かうのか。今からとても楽しみです。


本番は1月28日から2月5日まで吉祥寺シアターにて。是非見に来てください。
b0219215_301967.jpg
http://kikh.com/sekai/index.html
[PR]
by yuichiro_tachi | 2016-12-12 03:07

Angélica Liddell

b0219215_2211690.jpg




頭を整理するのに時間がかかってしまいましたが、5月からスペインに渡り、7月にフランス、アヴィニョン演劇祭で公演。一旦帰国して、9月にブラジルのサンパウロ、サントス2都市での公演、おわりました。


アンジェリカ・リデルは僕の世界を広げてくれました。もちろん実際にヨーロッパや南米へ行ったことで新しいインスピレーションを得た事もありますが、それよりもアンジェリカの生き方、演劇への向き合い方に強い衝撃を受けました。
アンジェリカに初めて会ったのは、日本でのワークショップがきっかけでした。過激な作品をつくる作家だと聞いていたので少し緊張して待っていると、彼女は少し不機嫌そうに危険な空気を出して入ってきました。


そしてワークショップが始まり、彼女が最初に僕たちに言った言葉は「あなたは人を殺したいと思いますか?親を殺したいと思いますか?私は母親をとても憎んでいます。殺したいと思っています。」
僕はその言葉を聞いて、妙に納得してしまいました。それは何か嫌なことをされたり、罵られたりした時に瞬間的にででくる衝動のことではなく、もっと心の奥にこびりついていて自分ではどうしようもできない心についた痣のようなものだと思います。
それは僕にもある。そう思った時に今まで僕の身体の中の滞っていたものが整理され、少し流れだしたような気がしました。そしてそのワークショップでは、今までにない自分が沢山でてきました。


アンジェリカの作品は彼女自身が語るモノローグが主体となっています。自分自身の事と、実際におきた事件、宗教、政治、思想などの言葉が、彼女から発射されます。それはもうマシンガンのように。僕はあれ程速く言葉を発射できる人を他に知りません。時には観客に向けられ、神に向けられ、自分自身に向けられ。
彼女にとって生きるために必要な事なんだと思います。普段の彼女は舞台上の姿が嘘のように穏やかで優しい女性です。舞台上の姿、彼女の書く言葉、彼女の演劇、そして穏やかでチャーミングな素顔。その全てひっくるめてアンジェリカ・リデルなんだと納得できます。


僕にとっての演劇もその様なものなんじゃないかと思っています。日本だけで活動していると、周りに惑わされる事がとてもたくさんあります。もちろん生活の事もあります。理想だけでは生きていけませんが、大事な所だけは見誤らないように生きていきたいと思います。


素敵な出会いと気づきをくれたアンジェリカ・リデルに心から感謝致します。
[PR]
by yuichiro_tachi | 2016-09-28 02:26

駈込み訴え

b0219215_16555448.jpg



2年ぶりに太宰治作「駈込み訴え」を上演します。2年前は4カ所で公演し、賞も頂いた僕にとって大きな作品です。
この作品はキリストを裏切ったユダの言葉で書かれています。ユダのキリストに対する尊敬や憧れ、妬み恨み、感謝と怒り、憎しみなどあらゆるものがないまぜになってでてくる言葉達は、普段は見えない人間の裏側を垣間見せてくれます。


今回はミュージシャンで俳優でもある小木戸利光さんと新たにこのユダに挑みます。
小木戸さんの透き通ったエネルギーの力と2年間で更に鍛えられた僕の身体を通して、2年前には見られなかった景色が見えてきそうな予感です。


お忙しい中だとは思いますが、お時間作って是非お越し下さい。
この公演が終わりましたら、2カ月ヨーロッパに行って参ります。その前に皆様にお会いできるのを楽しみにしております。






文学とパフォーマンス
第1回 太宰治 「駈込み訴え」

「愛ゆえに愛がわからない僕の律動」


ユダはキリストを愛している。しかしその愛によって苦しんでいる。愛することで愛を見失っている。

ユダの愛はどこへ向かうのか。


出演 小木戸利光 立本夏山

原作 太宰治 「駈込み訴え」


4/30(土)15:30/19:30 開演
※会場は開演の30分前

チケット:前売り¥3,000(1drink付き)/当日¥3,500

会場:綜合藝術茶房 喫茶茶会記
〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F


展示「走り火」4/24(日)-4/30(土)
15:00-24:00
場所:綜合藝術茶房 喫茶茶会記


チケットのお申し込みはこちらまで
Kazan office.
03-6453-9333
mail@kazan-office.com
[PR]
by yuichiro_tachi | 2016-04-06 17:12

谷川俊太郎トリビュートライブ「俊読」

今週末に詩のイベントに参加させて頂きます。谷川俊太郎さんを迎えて谷川さんの詩に様々な表現者たちが挑む、という熱い企画です。


やはり谷川さん人気はすごく、チケットは一ヶ月前に完売してしまっていますが、一応キャンセル待ちの受付はしているそうです。もしご興味ありましたら連絡してみて下さい。


谷川さんの言葉の力をかりてどこまで真実に迫れるか、ヤリます。


b0219215_19512863.jpg



谷川俊太郎トリビュートLIVE

「俊読 2016」


2016年4月3日(日)

開場/18:00 開演/19:30

(終演/22:30)

◇出演

谷川俊太郎

三角みづ紀
音立日子
佐藤文香
蛇口
大島健夫
アンドリュー・カンパーナ
立本夏山
八男
桑原滝弥


◇料金

予約/3500円 当日/4000円
(税込。飲食代別途必要)

◇会場

クロコダイル
(東京都渋谷区神宮前6-18-8 ニュー関口B1F)

TEL:03-3499-5205

http://www.crocodile-live.jp


◇お問い合わせ

詩人類

TEL:090-8545-2708

takiyakuwahara@yahoo.co.jp

http://shijinrui.blogspot.jp/


この国の子供たちは皆、この男の詩を読んで大きくなった・・・

さまざまな詩人/アーティストに、谷川俊太郎本人も登場。

あの伝説のトリビュートLIVEが五年ぶりに復活!!!
[PR]
by yuichiro_tachi | 2016-03-29 19:53

海のオード

b0219215_11275379.jpg


https://youtu.be/LNEW0SoVO8Q

2016年10月に3331 Arts chiyodaで公演しました、フェルナンド・ペソーア作「海のオード」の動画です。

この作品は、まだまだ可能性があると思っています。機会があれば、他のところでも再演してみたいです。

そして次はもっといいカメラでとりたい…!
[PR]
by yuichiro_tachi | 2016-03-24 11:31

狂気について

b0219215_23032373.jpg


僕には良心というものが備わっていると想う。それは生まれてから今まで出会った沢山の人達の、言葉や生き方が僕のからだに蓄積された結果である。ということは僕の良心は人生の先輩たちから授かったとも言えるだろう。他人に親切にしなさい、誠実でいなさい、親を大事にしなさい、寛大な心をもちなさい、世界の平和を祈りなさい。なるべくならそうしたい。もうそれがいいことに決まっているのだから、そうすれば自分も周りの人も世界も良くなるに違いない。今まで僕に出会ってきた沢山の人達の言葉にも答えらえる。よし、これからは良心にしたがって行動しよう。僕の行動によって世界が少しづつでも前に進んでいければいい。

ここで僕のからだに大きな異変が起こる。何か得体の知れない感情が腹の奥の方から吹き出してくる。今まで抱いていたとてもきれいで人当たりの良い聖人みたいな思い込みを、手当たり次第に真っ黒に塗りたくってゆく。これは自分こそが真実であるかのように迷いがない。そして全部真っ黒になってしまったら、なんだか静かになってくる。
しかし僕には良心が備わってるはずなので、すぐに前のきれいな気持ちがもどってくる。

腹の奥に何か邪魔するものがある。もしくは腹の奥に真実がある。
腹の奥はもちろん僕のからだの大事な部分だが、一部分にすぎない。手術で腹の奥を取り出すことはできるかもしれないが、それでは長く生きていけない。長生きが僕の目標だ。そして僕に備わっている良心に従えば、やはり人生の先輩たちの言葉は守るべきだ。長生きしなければ自分も人生の後輩たちに言葉を残せない。

ここで問題になるのは僕のからだに備わっている良心と、腹の奥から湧きあがってくる真実の様なものとの友好条約をどうやって結ぶかということだ。この二つは全く違う性質をもっていて容易には相容れない。良心は人生の先輩=他人によって僕のからだに植え付けられたものといえる。そのため他人と関わるときや社会で生きていくためにはとても大切なことだ。腹の奥の真実は自分自身のためにあり、常に自分自身のものでしかない。しかしそれだからこそ自分の幸せの為には必要不可欠なものだ。この二つの全く異なるものを友好的に結びつけるには正規ルートでは難しい気がする。イスラム国とアメリカが友好条約を結ぶなんてことが可能かどうかわからないが、もし実現するなら相当な裏取引が必要だろう。それと同じような、強引とも思える裏取引が僕のからだで行われなければならない。

その僕のからだで行われる裏取引は、やはりかなり強引な方法がとられることになるだろう。うまく運んでくれれば良いが、強引である以上どこかしらに無理がくる。それが様々な形でからだに現れてくるその状態が、僕の狂気の発生回路である気がする。

狂気というと良くないことのように思えるが、こう考えてみるとあって当然のものだ。むしろ狂気があるなら、それをなんとかしなければならないという意志がでてきて、この矛盾だらけの世界のなかで生きていくエネルギーが湧き上がってくる。

そうしていくことでしか生きていけないのだ。きっと僕に良心を植え付けてくれた人生の先輩方も、そうして生きながら僕達後輩に伝えてくれたに違いない。
僕は自分の中の狂気を認め、それをエネルギーにして前に進むしかない。

立本夏山

[PR]
by yuichiro_tachi | 2016-03-18 23:09

「negau」

b0219215_15492264.jpg
b0219215_15500589.jpg
b0219215_15504180.jpg


2月12日〜14日まで3331 Arts Chiyodaにて行われました「negau」無事公演終了致しました。

今回の公演は今までとは全く違った作り方をしました。構成や演出といった外側を決める事を極力さけて、出演者6人それぞれが自分の身体の奥底に眠っている真実にどれだけ迫れるかに重点を置きました。

だからかもしれませんが、稽古本番を通して今まで見た事のないものに沢山出会うことができました。
そしてこれは初めての感覚なのでまだ言葉にしづらいのですが、あえて言葉にするとこう思いました。
人間の真実に触れた時、僕は深く癒されるのだと。

演劇だけではないですが、表現にはそういった力があるのではないかと思います。

まだまだ未熟者ですが、これから更に精進し、表現に磨きをかけていきたいと思います。

今後ともよろしくお願い致します。

立本夏山

[PR]
by yuichiro_tachi | 2016-02-24 16:00

☆立本夏山 出演情報☆

☆立本夏山 出演情報☆

この度立本夏山は詩人の桑原滝弥さん主催のイベントに出演します。

嘘にしても真実にしても
言葉というものの質がこのごろ問われてきているように思います。2010年に出会いました桑原滝弥さんはいつも本当に忙しく、被災地へ、モンゴルへ、ドイツへ------所変われど変節することなくとにかくパワフルにぐっとくる言葉を紡ぎ続けています。

もちろん夏山は来て頂いた方々を元気にする覚悟で準備中でございます。お忙しい中とは存じますが、ご都合よろしければご来場心よりお待ちしております。

桑原滝弥さんのブログ
http://shijinrui.blogspot.jp/2015/07/blog-post_2.html?m=1

かほりまかせの大陸バー企画
「朗読を着た悪魔」
日時:7/27(月)19:00開場/19:30開演

場所:東京・高円寺 大陸バー彦六
http://www.ukuleleafternoon.com/hiko6/index.html

◇出演
蛇口
桑原滝弥
立本夏山
チャーリー・ホッパー
津田一矢
ファティマ
みみり~にょ
もがくひと
かほり

チケット:2000円(オーダー別途)

★予約受付は彦六またはこちらまで
※「かほりまかせの大陸バー」企画の為、通常の彦六フードメニューはございません。当日は彦六の人気女流バイト従業員・かほりによる特製フードメニューをご用意しております。

Photo by 前澤 秀登b0219215_2358678.jpg
[PR]
by yuichiro_tachi | 2015-07-19 00:01

おひさしぶりです。

最近は重力/Note裏企画と称して俳優たちだけで会話劇を稽古しております。

平田オリザ作「東京ノート」を題材にして舞台俳優としての会話の可能性を探っています。

稽古していて思うことは、新しい形式、新しい表現というものはとくにないな。ということです。

そういうことよりも、今目の前で生きている人間を新鮮に錯覚できる瞬間があると、稽古した甲斐がありますね。

そのためには見たことない人間みたいな人間がでてきたらいいんだろうか…なんて思ってます。

もし興味があれば2月28日東京浅草橋にある重力/Noteアトリエにて19時からやります。僕か重力/Note関係者にご連絡下さい。

読んで頂きありがとうございます。

立本夏山
[PR]
by yuichiro_tachi | 2013-02-10 02:06

ブルーノプロデュース公演に出演します

感謝をこめて


ブルーノプロデュース
二年ぶりの「戯曲」上演。

立本夏山
出演します。

よろしければぜひ劇場へ
お越し下さいませ。

『My Favorite Phantom』
構成・演出 橋本清 / 音楽 涌井智仁
原作 ウィリアム・シェイクスピア 『ハムレット』

公演スケジュール
2013年4月26日(金)~29日(月)
(全4ステージ)
26日[金] 19:30開演
27日[土] 15:00開演
28日[日] 15:00開演
29日[月] 15:00開演
受付開始は開演の40分前、開場は開演20分前より

トーク開催!
終演後にトークを開催いたします。
27日15:00 出演者
28日15:00 涌井智仁(『My Favorite Phantom』音楽担当)

ストーリー
亡霊となった先王が、夜な夜な城壁に現れる――。
デンマーク王の急死から二ヶ月。王の弟クローディアスは先王の妻ガードルードと結婚し、王位に就いていた。若き王子ハムレットは、従臣たちの噂を確かめるべく、城壁の監視所へと赴く。亡霊と出会ったハムレットは『父の死は弟クローディアスによる毒殺』と告げられ、復讐を誓う。
続きを読む▼▼

ドキュメンタリーから、モニュメンタリーへ
 これまで僕たちは《ドキュメンタリーシリーズ》と銘打ち、稽古場での俳優たちへのインタビューを通して、過去の記憶や体験を集めて作品にまとめてきました。それは、かつてあった事実(記憶)を出発点にした「虚構」への昇華でした。

 「他人の書いた物語」とは違い、個人が個人の出来事を語る際、そこには、記憶の持ち主が立ち現われます。そして語られる体験の色合いや手ざわりといった様々なイメージ(解釈)は非常に鮮やかです。その速さ・重さ・大きさがダイレクトに蘇る反面、それぞれの記憶の範囲でしか生きられなくなる場合があります。自分の頭の中の確固たるイメージを持ちつつも、柔らかく他者と交わっていくこと。《ドキュメンタリー》を扱うことは、《わたし》と《わたし》の絶対的な相違を描いていくことでもありました。

 『ハムレット』の登場人物たちは多くの矛盾を抱えており、そのイメージは星の数ほど無数に散らばっています。持ち主はどこにも見当たりません。想像するしかありません。だからこそ大勢の人びとが、目に見えないまぼろしを、何百年と追い求めてきたのではないでしょうか。そして、歴史を積み重ねるうちに、さまざまイメージは巨大な《モニュメント》として僕たちの前に現れるようになりました。『ハムレット』は『ハムレットらしく』/『悲劇』は『悲劇らしく』あらかじめ決定づけられるわけです。これまでとは出発点が大きく異なります。《わたし》と《わたし》で錬金されたイメージは、混ざり合いながらも個別性を持ち得ていました。しかし、社会に定着された共同体の記憶=《モニュメンタリー》は、一種の《虚像》のように、架空の《わたしたち》のイメージとして、強い繋がりを帯びてこの世界に存在しているのです。

 ーー《わたしたち》を《わたし》と《わたし》に分配すること。

 いま僕たちが「古典」を扱うことは、《わたしたち》を貼り付ける《社会》や《歴史》について考えることです。そして、「物語」を入口に《わたしたち》から《わたし》たちを手ばなすことで、大きな時間の流れの中で生き抜く《わたし》を描いていきます。

ブルーノプロデュース主宰
橋本 清

会場

(〒180-0004 武蔵野市吉祥寺本町1-33-22)
JR中央線/京王井の頭線
「吉祥寺」駅北口 徒歩5分


出演
味戸龍之介 
井上みなみ(青年団) 
岩佐みちる(演劇活性化団体uni) 
片倉裕介 
加藤サイセイ(再生俱楽部) 
金谷奈緒(青山ねりもの協会) 
阪口美由紀(楽塾) 
世古シュンスケ 
武田実生 
立本夏山(重力/Note) 
南波早(なんばしすたーず) 
堀内萌
間野律子(東京デスロック) 
吉川綾美 
李そじん 
竜史(20歳の国)

チケット
【チケット価格(全席自由)】
前売り:
一般 2500円/高校生以下 1500円
当日券:
一般 2800円/高校生以下 1500円
アルテ友の会会員
〈武蔵野文化事業団扱いのみ〉
:1500円

チケット発売開始日
ブルーノプロデュース:
2013年2月2日[土]0時~
(公財)武蔵野文化事業団:
2013年2月2日[土]10時~

チケット予約
【ブルーノプロデュース】(公演前日24時まで受付) 
 予約フォーム: https://ticket.corich.jp/apply/42891/
リンク先予約フォームに必須事項をご入力下さい。
お電話:080-4344-4968
 万が一繋がらない場合は、恐れ入りますが留守番電話にご用件をお残し下さい。折り返しご連絡致します。
【(公財)武蔵野文化事業団チケット予約】
予約ページ:https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/
お電話:0422-54-2011(年中無休・9時~22時)

注意事項
・受付開始は開演の40分前、開場は開演の20分前です。
・高校生以下の方は、当日受付にて学籍・年齢などを確認できる証明書をご提示下さい。
・開演5分前を過ぎますと予約がキャンセルになる場合がございます。
・開演後のご入場はお時間をいただくか、制限させていただく場合がございます。予めご了承下さい。
・未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
・劇場には駐車場がありませんので、お車でのお越しはご遠慮下さい。
・劇場駐輪場内におけるオートバイ及びスクーターの駐車はご遠慮下さい。

スタッフ
舞台監督 
土居歩  
照明 板谷悠希子  
音響 池田野歩
衣装 椙山K子  
演出助手 森田百合花  
宣伝美術 原麻理子
web 平舘宏大  
制作 スズキヨウヘイ
主催 ブルーノプロデュース
共催 (公財)武蔵野文化事業団
協力 坂あがりスカラシップ

プレイベント開催!
4月の公演に先駆けて吉祥寺シアター内けいこ場・カフェにて3つのプレイベントを開催します。


【お問い合わせ】
TEL:080-4344-4968  
MAIL:info@brunoproduce.net  TWITTER:@bruno_produce

感謝

立本夏山
[PR]
by yuichiro_tachi | 2013-02-04 01:00