<   2016年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

自由に生きる


人間は一人では生きてゆけないものですが、かといって他人と共に生きるということもとても難しいことです。他人が何を考え、何を感じて生きているのかを知るにはとても時間と体力がいります。しかも自分が生きている間に関わる人は数えられないくらい沢山いるのですから、一人一人そんな事をしだしたら人生が何回あっても足りません。


でも自分の事だけ考えて生きている訳にはいかない世の中ですから、取り敢えず周りの空気だけは読むようにします。空気を読んでいれば一応その場の雰囲気を悪くすることはありませんから、それなりに上手くやっていけます。


これがちょっとおかしくしてしまうじゃないかと思います。空気は読んでいても、結局それは空気で、他人ではありません。人間ではなく、空気を相手にしている訳ですからつかみどころが無くなってしまいます。そしたら余計に他人が見えなくなってしまって、自分自身さえもよくわからなくなって、自分がどう生きたらいいのか分からなくなってしまう。


自由に生きる。それは自分の生きる道を、自然に、自在に、直感的に、何かに導かれるように飛んでいく様なイメージです。


そういう状態に至るには、自分はどうだとか他人はどうだとかそんな括りではなくて、「人間はなんだ」という事に迫らなくては見えてこないんじゃないかと思います。


「人間はなんだ」に迫るにはどうしたらいいのか。それは自分とか他人、または過去と未来、善と悪、美しいとか汚いとか、あらゆる境界を飛び越えてそこに生きている自分(人間)を見つめる必要があると思います。そこから人間が見えてくれば、もっと自由に生きられるはずです。


そして僕たちは、その掴み取った感覚をなんとか形にして見える様にするのが仕事なのではないかと思います。


今、小池博史さんの作品の稽古をしながらそんな事を考えています。題名は「世界会議」。世界各国の偉人、賢人、狂人、独裁者たちが、あの世とこの世の境界で右往左往しながら語り合います。言葉は勿論、音楽、身体、それらを飛び越えた多様なイメージが交錯してどこに向かうのか。今からとても楽しみです。


本番は1月28日から2月5日まで吉祥寺シアターにて。是非見に来てください。
b0219215_301967.jpg
http://kikh.com/sekai/index.html
[PR]
by yuichiro_tachi | 2016-12-12 03:07