おひさしぶりです。

最近は重力/Note裏企画と称して俳優たちだけで会話劇を稽古しております。

平田オリザ作「東京ノート」を題材にして舞台俳優としての会話の可能性を探っています。

稽古していて思うことは、新しい形式、新しい表現というものはとくにないな。ということです。

そういうことよりも、今目の前で生きている人間を新鮮に錯覚できる瞬間があると、稽古した甲斐がありますね。

そのためには見たことない人間みたいな人間がでてきたらいいんだろうか…なんて思ってます。

もし興味があれば2月28日東京浅草橋にある重力/Noteアトリエにて19時からやります。僕か重力/Note関係者にご連絡下さい。

読んで頂きありがとうございます。

立本夏山
[PR]
by yuichiro_tachi | 2013-02-10 02:06
<< ブルーノプロデュース ブルーノプロデュース公演に出演します >>